wacciがドコでモいくから、ダイジョー部 with docomo

wacciがドコでモいくから、ダイジョー部 with docomo

#2 新社会人を応援!離れていても『大丈夫』♪ in 山梨

応援ムービー

撮影レポート

今回ご応募いただいたのは、山梨県の都留文科大学に通う渡辺さんです。

実は、当初の撮影日は大雪のためにメンバーが現地までたどり着く事ができず、
撮影当日は2回目のチャレンジでした。

当日の朝はメンバーの願いも通じ、青空の広がる山梨県都留市を訪れることができました。
間もなく大学を卒業する渡辺さんにとって、wacciの『大丈夫』は大切な仲間との思い出が詰まった特別な曲。つらいこともあった就職活動も、『大丈夫』を聴くことで乗り越えることが出来ました。
同じ現代社会専攻の仲間である7人は、そのグループを「げんしゃかい」と呼び、勉強も遊びも、大学生活を共に過ごしてきました。

それぞれ出身地も違う上、4月からは新社会人としてそれぞれ別々の場所で別々の道を歩み始める7人。その前に、彼女たちを結びつけた場所である大学でwacciに『大丈夫』を歌ってもらい、7人の新生活を後押ししてほしいというのが、渡辺さんの願いでした。
撮影は同大学の音楽研究棟にあるホールで行われました。渡辺さんたちの前に登場したwacciは、7人の関係や大学生活について言葉を交わし、場は和やかな雰囲気に。そして『大丈夫』の演奏が始まると、7人の中には今までの思い出と歌詞が重なったのか、目に涙を浮かべる方も。

最後は、「また会おうね」という言葉のもと今回の訪問は終了しました。

wacciが会場を去った後、それぞれの言葉で感謝を述べる彼女たちはみな、未来への前向きな思いを語ってくれました。wacciが紡ぎ出す音楽の力を、改めて実感する撮影になりました。
『つらい時、『げんしゃかい』を思い出せたら 強くなれる。
離れていたって大丈夫!繋がってるから大丈夫!』
BACK