wacciがドコでモいくから、ダイジョー部 with docomo

wacciがドコでモいくから、ダイジョー部 with docomo

#8 音楽で繋がる大学生を応援!仲間は一生ものだよ『大丈夫』♪ in 東京

応援ムービー

撮影レポート

東京都国立市にある一橋大学の国立キャンパス。歴史と伝統のあるこちらの大学が第8回目の舞台となりました。ご応募いただいたのは、一橋大学3年生の木川遥さんです。アカペラサークル「TheFirstCry」に所属する木川さんは、同サークル内で同期5名と「またたび」というグループを結成。学内イベントはもちろんのこと、様々なライブハウスでもその歌声を披露するなど、同じ志を持つ仲間たちと実りある大学生活を送っています。

「またたび」では、現在『大丈夫』をアカペラで歌っているとのこと。歌詞から伝わるメッセージに共感する木川さんは、wacciと一緒に『大丈夫』を歌うことで就職など将来のことで不安を抱える仲間たちを応援したい、と強く希望されていました。

そんな木川さんの思いに応えようと、wacciは普段とは異なる『大丈夫』を用意していました。アカペラのハーモニーを最大限に生かそうとメンバーそれぞれが工夫を凝らしており、「またたび」との対面を前に入念にリハーサルを重ねる姿が印象的でした。
「またたび」とwacciの共演の場となったのは、大学構内にある音楽鑑賞室です。「またたび」メンバーが緊張した様子でwacciに挨拶を交わした後は、すぐに合同リハーサルを開始。対面直後はあどけなさも感じた「またたび」のメンバーでしたが、マイクを握ると表情が一変。緊張する様子もなく堂々と歌う姿にwacciも驚きを隠せない様子でした。そして迎えた本番。「またたび」が奏でる美しいハーモニーと、この日のために用意されたwacciの温かな演奏が見事に融合。その場にいた誰もが思わず息をのむような素晴らしい『大丈夫』を披露してくれました。

共演の興奮冷めやらぬなか、今度はwacciが「またたび」のために『大丈夫』を演奏しました。「歌うことで人を元気づけたいというみんなの思いは、これからいろんなところで生かしていけるはず。歌うことは楽しいという気持ちを忘れずに、音楽の力を信じてこれからもがんばってください」というメッセージとともに届けられた『大丈夫』。wacciの演奏を聴いたあと、木川さんたちは、こんな感想を話してくれました。

「見に来てくれるお客さんのことを考えることが大切なんだ」

「技術的なことはもちろんだけど、歌う際の雰囲気を考えないといけないと教えてもらった」

歌うことが身近すぎてこれまで気付けなかったこと。wacci との共演というかけがえのない経験から学んだことを生かして、「またたび」はこれからも音楽活動を続けてくれると思います。
『「またたび」だったら大丈夫!一生ものだよ大丈夫!』
BACK